ながた社会保険労務士事務所 業務概要

画像:ながた社会保険労務士事務所 業務概要

本業に専念していただくために

 

どのような会社でも、何らかの労務に関する課題を抱えているのではないでしょうか。社会保険労務士は、「人」に関するそれらの課題を一つひとつ解決していく重要な役割を果たします。 

 

起業家・事業主の皆様には、効果的に社会保険労務士を活用していただき、本来の業務に専念していただきたいと考えております。

社会保険の手続

会社を設立すると・・・

 

会社(法人)を設立すると、社会保険(健康保険・厚生年金保険など)に加入しなければなりません(強制加入)。たとえ、社長1人の会社であっても加入する必要があります。また、個人事業であっても一定の要件を満たせば強制加入となります。


社会保険料は会社(事業主)と従業員で折半することになります。

社会保険は年金事務所などで手続を行います。

 

詳細はこちらから 

労働保険の手続

従業員を雇用すると・・・

 

従業員を雇用すると、労働保険(労災保険・雇用保険)に加入しなければなりません(強制加入)。たとえ、個人事業であっても加入する必要があります。


労災保険料は会社(事業主)が負担し、雇用保険料は会社と従業員で分担することになります。

労災保険は労働基準監督署で、雇用保険は公共職業安定所(ハローワーク)で手続を行います。


なお、「労働保険」と「社会保険」を合わせて、広い意味で「社会保険」という場合があります。


詳細はこちらから

就業規則の作成

従業員が10人以上になると・・・

 

従業員が10人以上になると、就業規則を作成し労働基準監督署に届け出る必要があります。「うちはまだ小さな会社だから・・・」とか、「ルールを作るとしばられるし・・・」と 就業規則や各種規程を作ることをおろそかにしていないでしょうか?

 

近年は労使間トラブルが増えております。トラブルを未然に防ぐためにも、よりよい職場環境のためにも、きちんとしたルール作りをおすすめします。


詳細はこちらから

助成金の申請

もらい損ねていませんか?

 

もらい損ねていませんか?もらえるはずの助成金・・・。

受給要件を満たしていても、申請しなければ助成金はもらえません。

 

雇用関係の助成金は、雇用に関する一定の措置を行った会社(事業主)に対し、国(厚生労働省)が資金を援助してくれる制度です。助成金の主な財源は、会社(事業主)が納めた労働保険料(雇用保険料)である(そのため、基本的には雇用保険の適用事業の事業主が受給対象)ため、返還の必要がありません。

 

詳細はこちらから

その他の業務

●人事労務管理のご支援(相談対応・法改正対応など)

●人事制度構築のご支援(等級制度・賃金制度・評価制度など

ながた

社会保険労務士

事務所

 〒930-0952

 富山県 富山市 町村210-6

 

 Tel 076-461-3092

 ※対応時間 平日9時~18時

 

 Fax 076-461-3093

 ※24時間受付

 

  訪問対応地域 富山県内全域 

お気軽にご相談ください

画像:ながた社会保険労務士事務所 お問い合わせボタン